お知らせ
宗像フェスについて
アーティスト紹介
チケット
アクセス
注意事項

環境活動

宗像フェスの環境への取り組み

宗像フェスにおいての収益を全て「神の島」沖ノ島の環境保護活動と世界遺産推進事業の資金として、より幅広い活動を行う為に寄附します

宗像フェスでは、音楽をとおして宗像の自然の素晴らしさ、そしてその環境問題を考えるきっかけとなるような取り組みを行っています。
海外と海で繋がっている宗像は、近年では隣国からも大量の漂着ゴミが押し寄せています。さらに今日ではプラスチックゴミがマイクロプラスチックとなり、魚がそれを食べはじめ、人体への影響も心配されています。ゴミ問題はそもそも捨てなければ解決されることです。そのため宗像フェスは、このeco活動を通して、ゴミの不当投棄問題を国際世論に訴えていきます。
地球の七割を占める海の急激な環境の変化は、近年の異常気象に大きく影響していると考えられます。そのため海の生態系を取り戻すことは極めて重要であり、早急に取り組むべき課題です。海には国境がないため国際的な連携が求められます。しかし私たちは、先ずは足元の宗像の海を再生することによって、これを国際活動の一助に繋げていきます。

宗像フェスの位置づけ

宗像国際環境100人会議

宗像国際環境100人会議と共に宗像の素晴らしい海の大切さを若い世代も含め幅広い世代へ自然環境問題を意識、行動してもらう事を目的とする。海を大切にするにはまずは人、里から森へ、そして海へ

「宗像国際環境100人会議」は、海をメーンテーマに、世界の各分野で活躍するリーダーや、学識経験者たちが集まり地球環境問題について解決策を協議するフォーラム。会議には中・高・大学生たちも参加し、次世代の真の国際人を育成することも期待しています。海からの警告・未来は過去から学ぶ”をテーマに掲げプログラムを構成し、宗像海人族の暮らし、神への祈り、歴史を紐解き持続可能な環境地域づくりについて議論し提言を行っているプロジェクトです。

宗像フェス 日韓環境学習交流事業

宗像フェスでは、日韓の学生が共同で、2017年度ユネスコの世界遺産登録の中心的存在の、大島にある沖ノ島遥拝殿の周辺の海岸を清掃する事で、古代からの大陸文化の交流の歴史と現代、この地を取り巻く環境の変化の実態と今後の課題を学びながら、学生同士の友情を育むプロジェクトを展開していきます。

名 称
宗像フェス ecoプロジェクト 日韓環境交流事業プログラム ~World Heritage Munakata~
実施日
平成29年9月1日(金) ~ 9月3日(日) 3日間
主催
宗像フェス実行委員会
協力

JR九州高速船株式会社

JR九州高速船株式会社、宗像国際環境100人会議

宗像フェス エコチケット広域清掃

日本中から集まる、宗像フェスの来場者に、環境を学びながら音楽を気軽に楽しめるエコチケットを設定しています。これは、日頃、環境問題に触れ合う事が少ない方々への機会の提供と、音楽を切り口により幅広い世代へ、より深く問題を考えるきっかけとなる事を目的としています。
また、環境問題を通して、 2017年度ユネスコの世界遺産登録の「神の島 沖ノ島と関連遺産群」の歴史的価値を学ぶ事業内容に盛り込んでいきます

名 称
宗像フェス ecoプロジェクト エコチケット広域清掃プログラム ~World Heritage Munakata~
実施日
平成29年9月1日(金)
主催
宗像フェス実行委員会
後援
宗像市、宗像国際環境100人会議