お知らせ
宗像フェスについて
アーティスト紹介
チケット
アクセス
注意事項

あいさつ

宗像市長 谷井博美

宗像フェスは、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の価値を若い世代に伝えることを目的として開催されています。
そのおかげもあり、いよいよ本年7月、世界文化遺産登録審査を迎えることができました。
記念イヤーとなるであろう今年は著名なアーティストの方々による素晴らしい音楽、そして初開催となる地元食材をふんだんに使用した「宗像たべてん祭」そしてフィナーレを彩る「みあれ花火大会」と盛りだくさんの内容に私自身も心から楽しみにしております。
皆様もぜひ、宗像をご堪能ください。

宗像大社宮司 葦津敬之

今回で6回目の開催となる野外音楽フェスティバル、「宗像フェス2017~World Heritage Munakata~」が盛大に開催されますことをお喜び申し上げます。
本年は、7月に「神宿る島」宗像沖ノ島と関連遺産群の世界文化遺産登録、10月には、第37回全国豊かな海づくり大会の会場になるなど、当地宗像にとりましては慶事の続く飛躍の年であります。
さらに宗像を盛り上げるべく開催されること野外音楽フェスティバルを通して、音楽のみならず古代よりはぐくまれてきた宗像の自然、歴史、文化、多くのものに触れて宗像の夏を楽しんでいただければと存じます。

宗像観光協会 会長 小林正勝

6年前より「宗像を世界遺産に!」をキャッチフレーズに宗像市、観光協会、地元青年団、そして民間企業の皆様とともに立ち上げてまいりました。
台風や高波等による大変苦しい状況も幾度となくございましたが、それを乗り越え世界遺産登録が予定されている本年度はご協力いただいている企業様、ご出演いただくアーティストの方々とともに、今までの集大成としてご来場いただける皆様を精一杯お出迎えする所存でございます。
宗像フェスへご来場いただき、「観光」を通して、古代より歴史ある宗像なりの音楽フェス、花火、お食事を楽しんでいただきたく思っております。