トップページ
お知らせ
宗像フェスについて
CSR活動
アーティスト
チケット
アクセス
注意事項
イベント概要
あいさつ
世界遺産
イベント概要
あいさつ
世界遺産

あいさつ

福津市長 原﨑 智仁

平成29年7月、新原・奴山古墳群を含む「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界文化遺産に登録されました。このことは福津・宗像地域住民の誇りであり、地域の大切な宝です。
私たちはこの宝を守り、後世に引き継いでいかなければなりません。
昨年まで宗像市で開催されていた「宗像フェス」は、今年は、かつて野外コンサートも開催されていた福津市・恋の浦に場所を移し、著名アーティストによる音楽や食フェスはもちろん世界文化遺産をはじめとする福津の豊かな自然環境を守り伝える活動や次世代への継承宗像・福津の広域ブランドイメージの向上等を目的として開催されます。
このことは、市が目指す自然環境との共生や子供・子育て環境の充実、福津ブランドの醸成等の方針に合致するものでもあり、市としてできる限りの支援をしたいと考えています。
このイベントを通じて多くの人が福津・宗像を知り、理解し、美しい自然環境と世界文化遺産を守り伝える活動に賛同してくれることを期待しています。

宗像観光協会 会長 小林正勝

「宗像からを世界遺産を!」スローガンに、今年で7回目を迎える、宗像フェスは行政観光協会、青年会議所そして民間企業の皆様と共に立ち上げて参りました。
昨年は7月に世界遺産登録決定、そして宗像フェスも当日は天候にも恵まれ地域が一体となり大盛況に終える事ができました。
今年は、福津市の開催となり、両市の観光協会が協力し、広域的な観光をめざしたおもてなしで、ご出演頂くアーティストの方々と共にご来場頂ける皆様を精一杯お出迎えする所存でございます。
是非、宗像フェスへお越し頂き、音楽や花火を通して、地域の素晴らしさを体験して頂きたいと思っています。

ふくつ観光協会 会長 高島亮一

昨年まで宗像市の会場にて盛況に行われてきた宗像フェスが今年は福津市の恋の浦にて開催されます。宗像フェスが福津市で?と疑問に思われるでしょうが、昨年7月に世界文化遺産となった「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の一つ「新原・奴山古墳群」はここ福津市にあります。そしてかつては宗像市も福津市も同じ宗像郡でありこの度の世界遺産登録推進活動においても一致協力してまいりました。これからも同じ豊かな海の幸と文化の歴史をもつ玄界灘に連なる地域として盛り上がり続けることができればと考えております。
今までもそして今回も多くのご協力いただいている企業様、出演者の方々とともにこの福津市恋の浦にて多くのお客様をお迎えし、音楽に恋して、食に恋して、海に恋するステキな時間を共有できるよう精いっぱいおもてなしする所存です。宗像フェスへご来場いただき「福津」の魅力をご紹介できることを楽しみにお待ちしております。