お知らせ
宗像フェスについて
アーティスト紹介
チケット
アクセス
注意事項

RAM WIRE

プロフィール

女性Vocal「ユーズ」、男性Vocal「MONCH」(モンチ)、Trackmaker「RYLL」(リル)による男女3人組。
グループ名は「羊たちの絆」を意味する造語で、「自分たちは迷える子羊であり、同じように迷っている人たちとの絆を築きたい」という思いが込められている。 2001年、千葉のクラブを拠点に活動スタート。
2005年にRYLLが加わり現在の編成となる。アルバイト生活をしながら約10年の間、地道なライブや自主盤の制作などの活動を続ける。後戻りもできない、まったく光の見えない日々だった中、RYLLのTRACKが、Spontania feat. JUJU「君のすべてに」として発表されたことがきっかけとなり、2010年10月。ソニー・ミュージックより、ミニアルバム「Beautiful World」をメジャーリリース。
2011年9月発売の1st single「歩み」が映画「僕たちは世界を変えることができない。」主題歌に抜擢。 その歌詞にとにかく癒されると注目が集まり、2011年USEN年間リクエストランキング4位を記録。
さらに2012年9月、俳優・松坂桃李が人生で一番泣いた曲としてTV番組で特集され発売から1年越しのチャートで見事1位を獲得する。
また、2012年6月発売の2ndミニアルバム「名もない毎日」は芸人・鉄拳氏によるパラパラ漫画PVが“とにかく泣ける”とネットやTVで話題となり、レコチョクフル、ビデオクリップフル、歌詞サイト等で軒並みチャート1位を獲得。
1stアルバム「ほどく」がリリースされ最高位13位を記録。また7週後にi tunesにて1位を獲得。

いままでにあげたPVの動画サイト総再生回数は2000万回を突破。

2016年4月RAM WIRE BEST TOUR 東京公演をもって突然の活動休止を発表。
各メンバーのソロ活動を発表

RAM WIREがいたからこそ宗像フェスが誕生し継続出来ました。
主催者の希望により1日限りのRAM WIREとして、宗像フェスへの出演が決定!!

RAM WIRE公式ホームページ